So-net無料ブログ作成

演奏会、終了。 [音楽]

今頃なんだと言われそうですが、シンフォニカの演奏会、無事に終了いたしました。
暑い中、来場してくださったのは1727人。
ありがたいことです。感謝。

で、演奏の方ですが、まぁ、これもなんとか無事に、という感じでしょうか。
飯守先生の棒は、必ずしも見易い棒ではないのですが、不思議と音楽の流れに乗せられて、思わぬ力が出るようです。
初めて振っていただいた幻想交響曲のとき、演奏している方はいつもどおりだったのですが、聴きに来ていた方が、これまでとは全く違う演奏だったと評してくれましたが、まさにそんな感じ。
とはいえ、やはり棒に頼れないというか、わからなくなってしまう緊張感は、なかなかしんどいですけどね(笑)。
でも、サントリーホールは、やっぱり気持ち良いなぁ。

冒頭のトランペットのI黒さんはいつもながら見事でしたが、とにかくA部さんのホルンがすごかった。
もう、ステージの上で、ゾクっとしましたもん。
特に3楽章は、もう何か神が降りてきたかのような、それはそれは素晴らしい演奏でした。
相当練習して臨まれたのでしょうが、ああいうのを間近で見る(聴く)と、やっぱり楽器は続けようと思いますね。
いつか、自分も体験してみたいもんだ。

個人的には、70点くらいかなぁ、と思います。もっと伸びやかに吹けたはず、というところが何箇所かあって、これはちょっと残念。
思わぬところで難しくもない音を外してしまったのは、練習不足なのか歳のせいなのか、これは不明ですけどね。

そんなジタバタした?演奏会でしたが、久しぶりに新しいマウスピースで臨みました。
いつものシルキーのバックモデルで直前まで練習してきましたが、2ndのS原氏が最近買ったマウスピースが結構良いと薦めるので、つい楽器屋に行ってみたという次第。

『GRIEGO』のALESSIモデル、7A。

グレイゴ.JPG

「グレイゴ」と読むのかな?
なんか流行りっぽくて嫌だったのですが、結構吹きやすく、フォルテでも音が散らないのが魅力です。
特に低音は、油断するとえらくデカイ音がスコーンと鳴ってしまうので要注意。
7Aというサイズは、バックで言うと61/2と5の間くらいでしょうか。
本番直前に投入するのはちょっと迷いましたが、ま、結果オーライということで。

しばらくはオケはこれで、と思っていましたが、次回の演奏会は諸事情により降りてしまうので、ま、アンサンブルでも使ってみますかね。

ちなみに、これはバストロのY田氏が最近投入した、バックのハグマンバルブのバストロ。

ハグマン.JPG

新日フィルの門脇先生が選んでくれたものだそうで、さすがに良い鳴りをしています。
もちろん、本人の腕もいいのですが。

最近はいろんなロータリーというかバルブがあって、よくわかりません。
私は、今のセイヤーで充分満足していますので、興味もないんですけどね。

というわけで、よくわからない内容でしたが、ひとまず、演奏会終了のご報告。
nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 3

Lionbass

お疲れさまでした。
もう半月以上たちました。
次回もよろしくお願いします。
by Lionbass (2011-08-16 22:36) 

solti

>Lionbass さま
いつもコメント、ありがとうございます。シンフォニカ九州会、企画しなきゃいけませんね。
by solti (2011-08-16 23:43) 

A部

おつかれさんでした。いつもお褒めの言葉をいただき恐縮です。トロンボーンはいつも素晴らしいので何も言えません。でもあの金管で吹けて幸せでした。楽しかったなあ。自分は練習でよくはずすので、本番ちょっとうまくいくと相当上手く聴こえるんだと思います。もっと安定して吹けるよう精進せねば。
by A部 (2011-08-18 01:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。